FC2ブログ

アイドル見つけた!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

SIMフリースマホは「緊急速報」を受信できない? その原因と対策

スポンサードリンク



 この連載で以前にも取り上げたスマートフォンの「緊急速報」について、2017年12月にTCA(一般社団法人電気通信事業会)と消防庁が、「今後はSIMロックフリースマートフォンでも緊急速報が利用できる」と発表しました。

SIMロックフリースマホと緊急速報の関係

 「緊急速報を受信できない場合がある」という格安スマホ(MVNO)の課題が解決に向かう良い話ですが、具体的にどのような変化があったのでしょうか。

●これまでの状況

 大手携帯電話会社が販売するスマートフォンのほとんどは、災害やその他の非常事態に国や自治体が発する緊急メッセージを受信する機能が付いています。NTTドコモでは「エリアメール」、auとソフトバンクでは「緊急速報メール」という名称ですが、利用できるものはほぼ同じです。この記事ではまとめて「緊急速報」と説明します。

 その一方で、大手キャリア以外の格安スマホ(MVNO)で緊急速報をどう扱うのか、心配する声が上がっていました。筆者が所属するIIJでもこの件については以前から注目しており、自社での調査に基づき以下のような情報をイベントや公式ブログなどでお知らせしていました。

・緊急速報はMVNO契約者でも受信できる
・MVNO契約者が利用することが多い「SIMロックフリースマートフォン」には、緊急速報を受信しても画面表示や警告音が鳴動しないものがある
・現在市場に出回っているSIMロックフリースマートフォンは、地震・津波について警報を表示・鳴動するが、それ以外の災害や緊急事態では警報を表示・鳴動しないものが多い
・大手携帯電話会社が発売したスマートフォンとiPhone(SIMロックフリーモデルを含む)は、全ての警報で表示・鳴動する

 表にまとめた通り、MVNO契約の場合でもiPhoneや大手携帯電話会社が販売したスマートフォンであれば緊急速報の受信に問題はないものの、SIMロックフリーのAndroidスマートフォンの多くは地震・津波以外の警報で画面表示や警報音の鳴動が動作しません。

 最近では、格安スマホを契約される方の多くが、MVNOの契約と同時にSIMロックフリーのAndroidスマートフォンを購入しています。実際には緊急速報が全く受信できないわけではないのですが、受信できない警報があるということに不安を覚える方も少なくありません。

 この件に大きな注目が集まったのは、2017年夏に近隣国でミサイルが発射された時です。日本政府は日本上空を通過するミサイルについて「国民保護に関する情報」を発出しました。これが緊急速報としてスマートフォン向けにも配信されたのですが、この警報は地震・津波以外の情報として配信されたため、SIMロックフリースマートフォンでは警報が動作しませんでした。ミサイル発射が短期間に複数回行われ、そのたびに警報が流れたこともあり、多くの方がこの状況を認識したようです。

 本件はその後、国会でも取り上げられました。2017年8月30日の参議院外交防衛委員会にて、次のような答弁が行われています。

 白眞勲君 総務省にお聞きいたします。

 昨日午前六時二分にJアラートで発射情報を伝達したようですけれども、一部の携帯電話ではその情報が伝達されていなかったということですが、SIMフリーの携帯電話については元々伝わらないんでしょうか。その辺どうなんでしょうか。

(略)

 副大臣(奥野信亮君) 格安スマホが生き延びていくためには何か機能を剥奪した展開をしているように私の目には映ります。そういう意味では、我々のところが少し格安スマホの提供者と話をして、これはどうしても機能として入れてもらわないと困るんだと、こういう話をしなくちゃいけないとさっき言ったところであります。

 Twitterやブログだけでなく、国会という公的な場所で「格安スマホ」の緊急速報について取り上げられたことに筆者はとても驚きました。

●一部の警報が届かなかった理由とその対応

 SIMロックフリーのAndroidスマートフォンで一部の警報が表示・鳴動しないのはどのような理由からでしょうか。まず、各種警報がどのようにして送信されているのかを説明します。

 緊急速報として扱われている各種警報は国や自治体が発出しているものです。緊急地震速報(地震・津波)は気象庁、それ以外の防災情報は各自治体、また、ミサイル発射の警報は内閣官房が発出する「国民保護に関する情報」に含まれます。これらの警報は携帯電話会社やテレビ局・ラジオ局など関連機関に届けられます。ちなみに「Jアラート」というのは「国民保護に関する情報」を届けるためのシステムのことを指しており、警報自体の名称ではありません。システムとしてのJアラートを所管しているのは消防庁です。

 そして、各携帯電話会社は自社の情報配信サービスの一環として、これらの警報を契約者に配信しています。

・ドコモ エリアメール
・受信者向け
・送信者向け

au 緊急速報メール

・受信者向け
・送信者向け

ソフトバンク 緊急速報メール

・受信者向け
・送信者向け

 契約者のスマートフォンに届いているのは、あくまで「エリアメール」「緊急速報メール」という、各社独自のサービスということになります。そして、これらのサービスでどのような信号が利用されているかの仕様は、公開されていません。

 ただ実際には、各社ともETWS(Earthquake and Tsunami Warning System)という世界共通の通信仕様にのっとった信号を使っており、Androidにはこの仕様に基づいたプログラムが含まれているので、「エリアメール」「緊急速報メール」を一般的なETWS信号として受信すること自体は可能です。

 ここで問題になるのが、ETWS信号に含まれるメッセージIDという情報です。メッセージIDは、ETWS信号がどのような意味を持っているかを示しています。メッセージIDにはETWS標準として全世界共通で定められているものと、携帯電話会社が独自に定義するものがあります。

 例えば、ドコモでは緊急地震速報で扱われている「地震」「津波」の警報については標準のメッセージIDを使用していますが、それ以外の警報は独自定義のメッセージIDを使用していました。独自定義のメッセージIDがどのように使われているかの仕様は公表されておらず、結果的にドコモが開発に関係していないSIMロックフリースマートフォンでは、独自定義のメッセージIDを扱うことができませんでした。これが、SIMロックフリースマートフォンで一部の警報が表示・鳴動しなかった理由です。

 ここではドコモを例に取り上げましたが、auとソフトバンクも同じような状態です。

 ところで、「独自定義のメッセージIDの仕様が不明なら、メッセージIDを無視して全ての信号に反応すればよいのでは?」と考えた方もいらっしゃるかもしれません。残念ながらそれはあまり良くないアイデアです。ETWSの信号の中には、送信設備の動作確認用のメッセージや、災害とは関係のないニュースや広告のメッセージが含まれている場合があります。もし、メッセージIDを無視して全ての信号に反応するようにした場合、これらの無関係なメッセージにも警報として反応してしまいます。結果として、災害ではないタイミングに警報音が鳴るという問題が起きるでしょう。これを避けるためには、用途の不明なメッセージIDの信号は無視する必要があるのです。

 このような状況に改善が行われたというのが、冒頭に紹介したTCAのアナウンスです。Googleが管理するAndroidのソースコードに、ETWSのどのメッセージIDに反応すべきという情報が追加されたのです。どのメッセージIDがどのように使われているかの詳細は相変わらず不明ですが、これによって少なくとも反応すべきメッセージIDと反応すべきでないメッセージIDの情報が明確になり、今まで無視していた地震・津波以外の警報も適切に表示・鳴動するようになりました。

●現行と未来のスマートフォンへの影響

 メッセージIDの情報が追加されたのは、「Android 8.1.0_r9」と呼ばれるバージョンからです。これは2018年1月23日に公開されました。とはいえ、これによって全てのAndroidスマートフォンが直ちに全ての警報に対応できるわけではありません。

 Googleが管理しているAndroidのソースコードはあくまでAndroidスマートフォンを作るための「基」という位置付けです。実際にメーカーから発売される製品のほとんどは、Googleのソースコードを基に各社独自の修正が施されています。この過程で機能が追加されることもあれば、削除されることもあります。ETWS関連の機能が製品に含まれるかどうかは、メーカーの判断次第というのが大前提です。

 また、Google自身はAndroid 8.0、8.1……というように新しいバージョンをどんどん公開していますが、各メーカーの製品がそれに合わせて最新バージョンを追いかけるということは、あまりありません。新しいバージョンのAndroidにメーカー独自の修正を反映させるのは大きな手間がかかるため、最新版を追いかけるのではなく、発売時点のバージョンのAndroidに対する最低限度の修正(セキュリティアップデート)だけを追いかけるというケースが多くなっています。

 メーカーがこのような方針で製品のアップデートを行っている場合、新しいバージョンのAndroidに取り込まれた修正や新機能が製品に反映されないこともあります。中には、手間をかけて発売済みの機種にも最新バージョンへのアップデートを提供してくれるケースや、メーカー独自の修正として最新バージョンへの修正を旧バージョンにも加えるケースもありますが、どの機種でどのぐらいの面倒を見るかは基準がありませんので、やはりメーカーの方針次第となってしまいます。

 また、最新版のAndroidについても、ETWSの取り扱いに一部不十分と思われるところが残っています。

 例えばこの画面写真は、SIMロックフリーのAndroidスマートフォンでドコモが送信する警報を受信した際に、1つの警報が2通のメッセージとして表示されてしまうという例です。1通目は「ETWS」とだけ書かれたメッセージで、2通目に警報の内容が記されています。

 これは、ドコモが送信するETWS信号が速報用の1通目と詳細の2通目の2つに分割されているために発生していると思われます。この送信方法自体はETWSの仕様に沿ったもので、おかしなことではありません。ドコモが販売するスマートフォンではこういった形式のメッセージでも正しく画面表示しますが、SIMロックフリーのAndroidスマートフォンでは今のところうまく扱えないようです。

 Android自体にもこうした細かな動作の改良が続くと思われます、また、その改良が市販の製品に反映され、国内に流通するにはさらに時間がかかると思われます。しばらくはもどかしい状況が続いてしまいますが、解決の道筋は示されていますので、メーカーの奮闘を期待しつつ経過を見守ることにしたいと考えています。

●警報が鳴らない、その他のケース

 スマートフォンが緊急速報の受信に対応していても、警報が鳴動しないことがあります。それは以下の場合です。

・緊急速報は対象地域を限定して送信されます。対象エリア外にいる場合は信号を受信しません。
・周囲のスマートフォンで警報が鳴動していても、自分のスマートフォンだけ警報が鳴動しないことがあります。緊急速報で使われるETWSは速報性を重視した通信方式のため、信号の取りこぼしが発生する可能性があります。これは、格安スマホだけでなく、大手携帯電話のスマートフォンでも発生します。

 緊急速報で送信されるものと同じ情報の多くは、テレビやラジオ、街頭にある防災無線のスピーカーからも流されます。スマートフォンだけでなく、これらの情報も合わせて活用してください。

●著者プロフィール

堂前清隆

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ) 広報部 課長 (技術広報担当) 兼 MVNO事業部 事業統括室 シニアエンジニア

「IIJmioの中の人」の1人として、IIJ公式技術ブログ「てくろぐ」の執筆や、イベント「IIJmio meeting」を開催しています。エンジニアとしてコンテナ型データセンターの開発やケータイサイトのシステム運用、スマホの挙動調査まで、インターネットのさまざまなことを手掛けてきました。

・Twitterアカウント @IIJ_doumae
・IIJ公式技術ブログ「てくろぐ」 http://techlog.iij.ad.jp/



引用:SIMフリースマホは「緊急速報」を受信できない? その原因と対策










スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。