FC2ブログ

アイドル見つけた!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

平昌五輪は平壌五輪なのか? 「統一旗」使用に韓国で否定派が多数






 平昌五輪をめぐる南北融和ムードへの警戒感が強くなってきた。入場行進では南北それぞれの国旗ではなく、朝鮮半島を描いた「統一旗」を使うことが決定したが、世論調査では使用に否定的な声が上回った。

【画像】宣伝動画の一コマ

 北朝鮮が約230人の応援団を送り込む意向で、注目を集めるのは確実だ。こういったことから平昌五輪が北朝鮮に「乗っ取られる」との懸念もあり、野党からは「平昌五輪を平壌五輪にしようとしている」「金正恩の偽装平和攻勢に踊らされている」といった批判も出ている。

■「それぞれの国旗で」49.5% vs「統一旗で」40.5%

 2017年1月17日の南北実務者協議では、開会式での南北合同入場行進と「統一旗」の使用で合意。アイスホッケー女子は南北合同チームを結成することも決まった。統一旗は00年のシドニー五輪、02年に釜山で行われたアジア競技大会、04年のアテネ五輪、06年のトリノ五輪でなどで使用され、韓国では熱狂的に歓迎された。だが、今回は様子が全く違っている。

 調査会社「リアルメーター」が1月17日に行った世論調査では、「韓国選手団は太極旗(編注:韓国国旗)を、北朝鮮選手団は国旗をそれぞれ持って入場することが望ましい」との回答が49.4%で、「南北選手団がすべて統一旗を持って入場することが望ましい」との回答(40.5%)を上回った。世代別に見ると、「統一旗」支持派が多かったのは40代のみだった。

動画に韓国国旗は1回も登場しない

 実際、北朝鮮側が「統一旗」の政治利用を狙っている節もうかがえる。「平壌牡丹峰編集社」を名乗る会社が運営する対外宣伝サイト「朝鮮の今日」は1月13日、「統一の道 わが民族同士」と題する宣伝動画を公開。過去の国際大会で南北が合同で「統一旗」を持って応援する様子をまとめた内容で、

  「反統一勢力の介入なしに、懸案はわが民族同士で解決しよう」

といった字幕が表示される。最後は朝鮮半島の地図とともに「冬季五輪大会」「共和国創建日に」「北南関係改善」といった文字が映し出される。動画は北朝鮮国旗や統一旗は登場するが、韓国国旗は1回も登場しない。

 こういったことから、朝鮮日報は動画を

  「平昌冬季五輪をまるで北朝鮮主導の『平壌五輪』であるかのように誤認させるような内容だ」

と批判している。

1/2ページ



引用:平昌五輪は平壌五輪なのか? 「統一旗」使用に韓国で否定派が多数







スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。