アイドル見つけた!

正時スタート回帰 TBSの勝算


DMM.make DISPLAY

 民放各局の10月改編が発表シーズンを迎える中、TBSが午後8時と10時の番組を「正時スタート」に戻す方針を打ち出した。「7時57分」「9時54分」など、テレビ界の主流となっているフライングスタートをやめ、シンプルな「00分」スタートに回帰する。7時台の終わりから8時突入までの“8時またぎ”をどう制するかに各局のカラーが出る中、TBSの動きは他局編成マンも気になる様子だ。

【写真】10月の「逃げ恥」枠連ドラは小泉今日子主演 脚本はクドカン

**********

 各局、特にフライングスタートが激しいのは、ゴールデンタイム(午後7時~10時)の視聴率が軌道に乗ってくる8時台の番組。他局がCMの間、少しでも早く番組を始めて数字を稼ごうと、7時50何分という中途半端なスタート時間が乱立している。TBSも現在、「月曜名作劇場」以外は7時57分スタート。10月改編では、全曜日で「00分」に正時化するという。

 石丸彰彦編成部企画総括は「9時57分スタートというと、9時の番組なのか10時の番組なのか、あいまいで分かりにくくなっている。何時ごろ、ではなく『何曜何時の番組』と視聴者に認知してもらいたい思い」。これまで、曜日限定でピンポイントの正時化に踏み出した局はあるが、全曜日で実施するのはTBSが初めて。勝算について「心配ないかと聞かれれば、心配ないです」と自信をみせている。

 正時スタートの背景には、「分かりやすさ」以外に、ゴールデンタイムの入り口である7時台の番組の平均視聴率を上げたいねらいもある。一般的に、7時の番組は後半に進むほど数字が上がり、番組終わりにピークが来たりする。8時の番組が7時57分に始まってしまうせいで失っていた「あと3分」を本来の7時番組に戻し、トップバッターの平均視聴率を上げることでその後の勢いにつなげたい意向だ。

 伊佐野英樹編成局長は「TBSとしては7時台の番組の平均視聴率を上げた方が全体の流れにつながると判断して正時化に踏み切ったが、一方で、数字を上げきったところで次の番組に渡して8時番組の発射台を高くした方がいいという考え方もある。これはもうニワトリとタマゴみたいな問題で、どちらを効果的とするかは各局の判断」と話す。

 テレビ東京は従来通りのフライング型で、縄谷太郎編成部長は「正時化は検討しない」。ただ、各局のタイムテーブルに午後7時からの2時間特番が増え、8時またぎの工夫が熾烈になっている現状は痛感しているという。「TBSさんの動きは気になる」とし「各局が正時になっていくなら、やはりフライングしている局や番組にとってはちょっと先行のプラスになる。適性はジャンルにもよるので、今後も研究が必要」。

 4月改編で月曜20時の「世界まる見え!テレビ特捜部」のみ正時スタートにした日本テレビは、10月改編も同じタイムテーブルを維持。火曜~土曜は、これまで通り19時56分スタートだ。

 「世界まる見え」の正時化の効果について、同局の岡部智洋編成部長は「月曜として、全体の効果はあった」と分析。「2013年に、それまで10時54分スタートだった『NEWS ZERO』を11時00分の正時スタートにした時も効果があった。やはり、視聴者に分かりやすいという魅力はある。NHKさんの7時のニュースが最たる例」。また「正時化は地上波テレビのひとつのあり方かなと個人的には思うが、縦の流れや裏番組の環境などのバランスを考えると、7時56分を維持すべきと判断した」と話す。

 そもそもゴールデンタイムでフライングスタートを始めたのは、94年の日本テレビ「マジカル頭脳パワー」が最初といわれる。やはり8時台の番組で、土曜8時から木曜8時枠に引っ越しする際に、ゴールデンでは異例の7時54分という変則スタートが発表された。

 背景にあったのは「リモコンの普及」という懐かしいワード。担当ディレクターは当時の会見で「CMの間にひんぱんにチャンネルを替えられるようになった。お茶の間の皆さんが悩んでいるCMの時間帯にいち早く番組をスタートさせて、アピールする作戦です」と説明している。土曜時代も20%くらいの高視聴率番組だったが、フライングスタートから丸1年で30・9%のおばけ番組となり、目に見える効果で一気に広まった。

 「リモコンの普及」というアナログ時代のアイデアが20年以上たった今も主流なのだから驚かされる。ここまで来ると「元に戻してみる」というTBSの挑戦もかなり斬新。今年4月~6月の第1四半期はプライム帯(19時~23時)で10年ぶりに全局2位に躍進したTBS。伊佐野氏は「一時より、現場も編成も自信がでてきたと思う。人がやっていないから自分たちでやってみようというチャレンジ精神は心掛けている。結果が楽しみです」。挑戦の行方に注目したい。

【梅田恵子】(ニッカンスポーツ・コム/芸能記者コラム「梅ちゃんねる」)



引用:正時スタート回帰 TBSの勝算







スポンサーサイト

PageTop